両面押しはんこの透明ラッピング

透明ギフトバッグをはんこで素敵にアレンジ♪

難易度
想定時間 45min(消しゴムはんこ制作時間除く)

レシピを教えてくれた作家さん

木木屋

"ちょっとの頑張りで目いっぱい楽しむ"がモットーの消しゴムはんこ作家。首都圏を中心に活動中。

透明だから楽しい♫
ペアの図案がユニークな両面デコレーションテクニック!

はじめに

フィルムなどに押す場合、面タイプのスタンプはインキで滑りやすくなるので、線画タイプや文字タイプなどの印面が最適です。また、表と裏に押して、対称や並んだ印影を楽しめるような図案がおすすめです。

  • 「横向き」図案を向い合わせに押してみる。

  • 「横向き」図案を背中合せに押してみる。

  • 「手を広げている」図案をつなげて押してみる。

  • 図案をわざとズラして押してみる。

準備するもの

  • 透明のギフトバッグ
    はんこ(今回は消しゴムはんこで猫を作成)
    竹串
    テープまたはシール

使用するシヤチハタ商品

  • 強着スタンプ台 タート〈多目的用〉 中形(今回は黒を使用)

つくりかた

1.はんこに強着スタンプ台TAT(タート)でインキをつけて、ツルッと滑らないように注意しながらギフトバッグの左下に押す。

2.右側にはんこ1つ分のスペースを空けてギフトバッグの右下に押す。

3.ギフトバッグの上下左右の中央より少し下のあたりに、右側にはんこ1つ分のスペースを空けて押す。

4.インキが乾く時間を利用して、印影のベタ面に模様を描く。袋に穴を開けないよう、竹串の尖っていない方を使う。

それぞれ模様を変えてみるのも素敵です。

5.5~10分ほど乾かす。

図案や押した回数により時間は変わります。

6.しっかり乾いたら、ギフトバッグを裏返す。

7.表面の印影が手で隠れない向きに調整する。

8.ツルッと滑らないように注意しながら、表面に押した印影と対になる位置に押していく。
(下の2ヵ所だけ!)

9.下の2ヵ所を押したらギフトバッグの向きをタテに戻す。

10.ギフトバッグの上の部分を折り返して、押しやすい向きに調整する。

11.表面に押した印影と対になる位置に押す。

12.インキが乾く時間を利用して、印影のベタ面に模様を描く。

13.折り返しがめくれないように重石をして、5~10分ほど乾かす。

図案や押した回数により時間は変わります。

14.しっかり乾いたら表に返してラッピング。
折り返しの印影が対になる位置に合わせる。

15.テープやシールを使って折り返し部分を留めたら、完成!

色々な透明素材を両面デコレーションしてみよう♪

このレシピをシェアする

Twitter Line Facebook