デコボコお絵描きはんこのアートカード

シンプルはんこの活用法教えます!

難易度
想定時間 30min

レシピを教えてくれた作家さん

木木屋

"ちょっとの頑張りで目いっぱい楽しむ"がモットーの消しゴムはんこ作家。首都圏を中心に活動中。

細かな模様を彫れなくても楽しめる!
デコボコで楽しむ2度押しはんこの魅力♪

はじめに

「いろもよう」は1度押し目だけでなく、インキを付けずに押す2度押し目の印影もキレイに出ます。
厚めの紙に油性ボールペンでデコボコ模様を作って2度押しすることで、細かな模様を楽しむことができます。

  • 紙を凹ませながら模様を描きます。
    凹んだ部分にはインキが付きません。

  • 凹み(模様)の部分はしっかりとインキが残ります。

準備するもの

  • 消しゴムはんこ(印面に模様のないもの)
    厚めの紙(カード紙など)2枚
    油性ボールペン(何色でもOK)
    作業用マット(カッターマットや雑誌など)
    下敷き用の紙
    穴あけパンチ(1穴、今回は5mm用を使用)
    マスキングテープ 8cm程度

使用するシヤチハタ商品

  • いろもよう(今回は牡丹色を使用)

つくりかた

1.模様を描くサイズ確認のため、はんこを押す。

2.厚めの紙に油性ボールペンで、印影より大きい面積になるよう模様を描く。
デコボコがしっかり出るよう、筆圧は高めに!

模様を凹ませるのが目的なので、ボールペンは何色でもOKです。
作業用マットがあると、デコボコがしっかり出やすくなります。

3.3パターンくらいあるとにぎやかな印象に。

4.最初の印影の中に納まるようバランス良く文字を書く。
デコボコがしっかり出るよう、筆圧は高めに!

5.下敷きの紙を敷き、カードを置く。

6.はんこにインキを付けたら、模様の上に軽く押す。

7.全体は淡く、模様で凹んだ部分だけが濃く残る。

8.そのまま強めに押す。

9.一度使った模様でも、繰り返して使える。

10.他の模様も同様にして、ランダムに押していく。
バランスを見て、はんこを少しずつ傾けながら押す。

11.文字を書いた印影にピッタリ重なるようにして軽く押す。

12.そのまま強めに押す。

13.バランスを見て、お好みで微調整する。
1度押しの濃い印影を加えると、濃淡のコントラストで全体のバランスが整う。

14.上部どちらかの角にパンチで穴を開ける。

15.マスキングテープの粘着面を少し残して貼り合せる。

両端を少し折っておくと、作業がしやすいです。

16.先端を少し折りながら、穴に通す。

17.2つ折りにして貼り合せる。

18.貼り合せた先をハサミで飾り切りする。

19.デコボコお絵描きはんこのアートカードの完成!

このレシピをシェアする

Twitter Line Facebook