ねり消しはんこの小花コースター

彫らない消しゴムはんこ!?驚きの簡単テクニック♪

難易度
想定時間 30min

レシピを教えてくれた作家さん

木木屋

"ちょっとの頑張りで目いっぱい楽しむ"がモットーの消しゴムはんこ作家。首都圏を中心に活動中。

刃物が苦手でも、お絵描きができなくても大丈夫!
ねり消しを自由に変形させてカワイイ小花を咲かせよう♫

はじめに

<ねり消しはんこの基本の形>
1/3個を耳たぶくらいの柔らかさになるまで練ります。
引っ張って畳んでをくり返して、耳たぶくらいの柔らかさになったら、山型に整えます。

山型にする時は、押した時に潰れにくい富士山型にしましょう。

準備するもの

  • ねり消し ※市販のもの
    ペーパーコースター ※市販のもの(今回は丸型を使用)

使用するシヤチハタ商品

  • いろもよう(今回は桃色、向日葵色、牡丹色、松葉色を使用)
    つくりかた

つくりかた

1. ねり消しの先端を平らな面でトントンして少し潰す。
潰した面が花の大きさになります。

2. ねり消しの形が変わらないように軽いタッチで、コースターのやや内側、上下左右に花Aを押す。

桃色で押しています。

3. コースターを回しながら、先に押した花の間にも押す。

途中でねり消しが潰れすぎた場合は練り直して形を整えてください。

4. インキのついた所を練り込んで、再び山型に整える。

なるべく手にインキが付かないように気を付けてください。

5. ねり消しの先端を平らな面でトントンして少し潰し、コースターを回しながら花Aの間に花Bを押していく。

向日葵色で押しています。

6. ねり消しを再び山型に整えて先を尖らせ、コースターを回しながら全ての花の中心に押していく。

牡丹色で押しています。

7. ねり消しを再び山型に整えて、指先で先端を平たく潰す。
さらに、平らな面でトントンして葉っぱの形にする。

8. コースターを回しながら、花A・花Bの下に葉っぱを押していく。
2回目はインキを付けずに二度押しして濃淡を出す。

松葉色で押しています。

9. 葉っぱの形のねり消しの先端を指先で平たく潰して、茎の形にする。

10. コースターを回しながら、茎を押していく。

11. ねり消しはんこの小花コースターの完成!

<アレンジ例 並べ方・色を変えて♪>

このレシピをシェアする

Twitter Line Facebook