スプラッシュアートカード

文字やイラストだけじゃない!
水性ペンで、こんなに素敵な表現もできる♪

難易度
想定時間 30min

レシピを教えてくれた作家さん

bechori

神奈川県横浜市出身。レタリング作家。
様々な画材を使って文字を書く楽しさをSNSやワークショップなどで発信。

ブレンディングの不思議なハーモニー。
ふんわりやさしいタッチの綺麗なカードが簡単につくれます!

準備するもの

  • 水彩画用紙(厚口・中目のもの)
    • ※水をたっぷり使うので、凸凹しにくい厚口の紙がオススメです。
      ※ニジミやぼかし表現がしやすい、中目の粗さの紙がオススメです。
      • クリアファイル
        アトマイザー(水を入れたもの)
        • ※霧吹きでも代用できますが、水分量の調節がしやすい香水用のものがオススメです。
          • ティッシュペーパー
            エンボスヒーター(ドライヤーでもOK)

使用するシヤチハタ商品

  • Artline Stix ブラッシュマーカー 3色程度
    (今回はスプラッシュアートにイエロー、ピンク、オレンジ、文字にダークレッドを使用)
  • ※スプラッシュアートでは同系色を選ぶと綺麗に仕上がります。

つくりかた

<smileの書き方はコチラ>

1. 水彩画用紙の上にクリアファイルを置いて、淡い色のペンから順にランダムにインキをのせていく。

ペン先に他のペンのインキがついても、そのまま書き続ければ元の色に戻ります。
※参照…ブラシレタリング グラデーションver.

2. クリアファイルの上に、アトマイザーで数回水を吹きつける。

3. クリアファイルを裏返して水彩画用紙の上に置き、指でクルクルと押し付けながら画用紙にインキを伸ばす。

4. 全体に色がついたら、クリアファイルをゆっくりとはがす。

5. 余分なインキが残った時は、ティッシュペーパーの端で軽く吸い取る。

6. エンボスヒーターで水彩画用紙全体を乾かす。裏面からも丁寧に乾かすと、平らに戻る。

7. スプラッシュアートカードの完成!

8. お好みで文字を添えて。

水彩画用紙の角を丸くカットすると、やわらかな印象になります。

9. <アレンジ例 マスキングテープを使う①>
あらかじめ水彩画用紙の中央にマスキングテープを貼って、メッセージを入れるスペースに♫

マスキングテープは水彩画用紙が完全に乾いてから、はがしてください。

10. <アレンジ例 マスキングテープを使う②>
ランダムに貼って模様をつくるのも素敵♫

マスキングテープは水彩画用紙が完全に乾いてから、はがしてください。

11. <アレンジ例 気泡緩衝材を使う>
クリアファイルの代わりに気泡緩衝材を使うと、ユニークな模様に!

このまま飾っても上から文字を書いてもOKです。

このレシピをシェアする

Twitter Line Facebook