ブラシレタリング ブレンドver.

ふんわりやさしいタッチ!
水彩画風ブレンド文字の書き方をお教えします♫

難易度
想定時間 30min

レシピを教えてくれた作家さん

bechori

神奈川県横浜市出身。レタリング作家。
様々な画材を使って文字を書く楽しさをSNSやワークショップなどで発信。

どんな文字にも使えるアレンジ第3弾!
透明感のある素敵な表現でメッセージをカードに添えて♪

はじめに

毎回、淡い色のブレンド前に水筆の先についたインキをティッシュで拭きとりながらブレンドしていきます。

  • ブレンド作業に夢中になると、忘れることがあるので注意しましょう。

準備するもの

  • 水彩画用紙(厚口・中目のもの)
    • ※水をたっぷり使うので、凸凹しにくい厚口の紙がオススメです。
      ※ニジミやぼかし表現がしやすい、中目の粗さの紙がオススメです。
      • 水筆
        ティッシュペーパー

使用するシヤチハタ商品

  • Artline Stix ブラッシュマーカー 濃い色と淡い色
    (今回はパープル、ピンクを使用)
  • ※色の差がハッキリした2色を選ぶと綺麗なブレンドができます。

つくりかた

<Happy Birthdayの書き方はコチラ>

1. Happyの文字の上部に濃い色のペンで色をのせる。

文字からはみ出さないように注意してください。

2. 1文字分、水筆で濃い色のインキを溶かしてブレンドする。

3. 水筆の先についたインキをティッシュペーパーで手早く拭き取り、淡い色のインキを溶かしてブレンドする。
濃い色の方へ色を送るようにして、全体をなじませる。

溶かした濃い色のインキが乾かないうちに淡い色と混ぜるのがコツです。

4. 水筆の先についたインキをティッシュペーパーで手早く拭き取り、横棒のインキを溶かして全体をなじませる。

5. 濃い色→淡い色の順にブレンド作業をくり返していく。

淡い色のブレンド前にインキを拭きとるのを忘れないように注意しましょう。

6. 水が多く出すぎた時は、ティッシュペーパーの端で軽く吸い取り、全体をなじませれば大丈夫。

7. 線のアウトラインが乱れた時は、水筆で線を整えれば大丈夫。

8. Happyのブレンドができたところ

9. Birthdayの文字の上部に濃い色のペンで色をのせる。

後で溶かすので、線が途切れていてもOKです。

10. Happyと同じように、濃い色→淡い色の順にブレンド作業をくり返していく。

11. 水彩風ブレンド文字の完成!

このレシピをシェアする

Twitter Line Facebook